人と疎遠になりたいときに

ハート

嫌な人が遠くへいくおまじない方法

職場、学校、近所等で嫌な人に出会うことってありますよね。「近寄りたくないのに、なぜかあちらから近寄ってきて嫌な気分になるから、出来れば縁切りしたい」と思うけど、なかなか本人には直接言えません。そういったときに私の地元で使うおまじないがあります。まず、縁切りしたい人の名前をフルネームで紙の真ん中に大きく書きます。そしてその紙に向かって「あっちへいけ」と強く念じながら、紙を思いっきり破ってください。縁切りしたい人の名前が真っ二つになればなるほど、縁切りまで近いことを表します。これを一日一回出来るだけ毎日行います。朝に行うとその日は名前を書いた人と会いにくくなります。ただし、おまじないの最中に誰かにみられたり、破いた紙を誰かに見られてしまうと、効果がなくなってしまうので、ご注意ください。紙はコピー用紙よりも和紙に書いた方が効果的です。サイズはB5〜A4サイズがいいです。小さすぎると効果が薄れますし、大きすぎると破りにくくなり、紙が真っ二つにできなくなります。また、書くものは出来るだけ太い筆に墨をつけて書いてください。それが難しい場合は、太いマジックを使って書くことをおすすめします。念じるのも、一回だけではなくて、紙に思いのたけをぶつけてください。強く念じれば念じるほど、早く相手と縁切りすることができます。縁が強い相手だとなかなか効果が出るまで時間がかかりますが、徐々に疎遠になっていき、やがて縁を切ることができます。