自分に合う素材や書体

印鑑

九星気学から見る

今は色々なことが科学的に解明されています。しかし昔はわからないことも多かったようです。そのために天災が続いたり日照りが続いたりすると、占いなどによって将来の行動を委ねる時もありました。政治などにも占い師が大きく関与することもあったとされます。占いがどこまで現実の世界において影響を与えるかどうかはわかりませんが、いいことを言われたときに信じたことで運気が良くなるなどがあるかもしれません。占いも生きていくためには多少は必要かもしれません。日常生活においては印鑑が必要になります。実印などを作っておくと、いろいろな場面で使うことができます。この時に開運印鑑を作ると良いとされます。一般的な実印は特に意味などを考えず、ただ自分の名前などで作ってもらいます。素材も好きなものを選ぶだけです。開運印鑑を作る時にはまず色々な準備が必要になります。方法としては九星気学に基づくものがあり、自分の生まれ年に合う素材から選ぶことで開運印鑑を作ることができます。その他に開運印鑑を作るための準備として書体の選択があります。シンプルな印鑑だと誰でもすぐ読める漢字などが使われています。印鑑の書体には非常に多くのものがあり、中には簡単には読むことができないものもあります。読めなくてもそれに運が宿っているのであれば使う方がいいかもしれません。いい書体としては篆書体、印相体、吉相体等があります。どんな雰囲気になるかサンプルなどを事前に見せてもらっておき、その中から選ぶと良いでしょう。